2009.08.29 Sat.

ピアノの調律師さんがやってきた

カテゴリ : 練習環境・機材

2年ぶりに、ピアノの調律師さんがうちにやってきました。
この方はマンドリン奏者でもいらっしゃいます(名刺の裏側がそうだ)
以前来た時に、調律とは全く関係ないにも関わらず、マンドリンの素晴らしさについて力説しておられたので、「もしやこっち側の世界の人なんでは……」と思っていました。

ので、思い切って今日訊ねてみたら、普通に師匠をご存知でした。
手品なギタリストさんも知り合いみたいでした。
「今日、八尾でコンサートですよね」
……って、彼らのスケジュールについて、私より詳しいのはなんでですか。

世間、せま過ぎです。

話は急に変わりまして、今年の春頃から、練習しているにも関わらずどんどん下手になっていく事態にショックを受けすぎて、レッスンには行っていましたが、記録日記をずっとお休みしていました。
結局それは、関節の病気による症状だと判明したので、きちんと通院して薬を飲み始めたら、完全に元には戻らないものの、それなりのラインまで復帰してくることができました。
以前ほどぶっ通しで遊んだり、高速でセットを弾き通したりとかはできなくなりましたが、それはそれで楽しみ方はあるので、自分のペースでやっていきたいと思います。

最近レッスンしている曲リスト。

  • Pat Tuohey's(reel)
  • Tommy People's(reel)
  • The Wind that shakes the Barley(reel)
  • Dr. Gilbert's(reel)
  • The De'il Amang the Tailors(reel)
  • The Coach Road to Sligo(jig)
  • Hardiman The Fiddler(slip jig)
  • The Little Fair Cannavans(slip jig)
  • 燈台守のワルツ(waltz)

なかなか明けない梅雨が明けたあたりから、ブランガーネさんの音がいきなり良く鳴り始めました。今張っている弦はラーセン・ツィガーヌです。音がきらきらしていて、なかなか宜しい感じで、弾いていて非常に楽しいです。
この弦の話はまたいずれ……。

2009.05.10 Sun.

連休はいろいろやってた

カテゴリ : 練習環境・機材

仕事はカレンダー通りの営業だったわけですが、休みの日は珍しくいろいろしてました。

会社の企画書に載っける写真を撮ってもらったり、

10

USJ内のアイリッシュ風レストラン『フィネガンズ』のオニオンブロッサムが急に懐かしくなり、自作しようとして見事に自爆したり、(どうやったらこうなるのでしょうか

NEC_0354.jpg

会社のBBQ大会の帰りにフィドル倶楽部のアイリッシュセッション!に参加したものの、ダブルヘッダーの過酷さに疲れ果てて途中落ちていたり(復活後は存分に弾かせていただきました)、

abcm2psサーバ&GhostScript(これでPostScriptをPDFに変換できる)サーバを確保したので、セット生成システムをむにむにと制作したりしていました。
ログイン方法にmixi OpenIDを採用したので、ついでにいろいろと勉強になりました。
PHPやらSQLやら書いたのもずいぶん久しぶりです。おかげでどこかにポカがありそうな予感。

tunes_to_list

勢いでドメイン取ったよ!

2009.04.14 Tue.

セット生成システム試作品

カテゴリ : 練習環境・機材

お久しぶりです。
以前の徹夜セッションの際に披露された「C.A.S.P. System」を、当該記事のコメント欄を参考に改良してみました。当初はFLASHで作るつもりでしたが、手軽さが目についたAjax+PHP+MySQLで半日の突貫工事になりました。
Firefox2〜3とIE7、それとsafari4β(びみょー)で動作するのを確認しています。IE6以下など、CSSのposition:fixed;に対応していなかったり、縮小印刷に対応していなかったりするブラウザは表示が崩れます。

MusicSheet Search

使い方

  1. こちらからアクセス
    (ID:超初心者講習会名誉顧問のHNを半角英数にして頭から4文字/パスワード:我々の楽器の英訳)
  2. Rhythm(reel、polkaなど)を選ぶ
  3. 選んだRhythmに属する曲のTitleが表示されるので、選ぶ
  4. 「add」を押すと選んだTitleの楽譜が画面に追加される
  5. 「delete」を押すと後ろから順に削除される
  6. 「Set Name」にセットの名前を入力して、「print」で印刷(解像度は低め)

仕組み

  • 表示系の制御はjQueryというAjax系のライブラリ
  • abcm2psで生成した楽譜のPSファイルを置いておいて、ImageMagickで逐次PNGに変換して出力

拡張の方向性(別名:夢)

  • Keyで絞込み検索
  • ABC記述の全文検索
  • 別名でも検索
  • でも曲探し自体はThe Sessionに任せてしまっていい気がする
  • 曲データの登録・編集インタフェース搭載
  • ここではこれ以上は無理なので、HTTPなどでGhostScriptやらabcm2psやらを入れたサーバにブン投げてABCデータ登録からPSファイル生成〜きれいなPDF生成までワンストップでやりたい
  • 作ったセットを登録・管理できるようにしたい
  • 曲ごとに、後ろに続けられる「おすすめ曲」を管理・表示できるようにしたい
  • サンプル音源にLightboxとかでリンク!

現状、非常にお手軽な実装(+データ数極少)ですが、ひとまずここまでで公開してみます。ご意見をいただければ幸いです。

2008.11.30 Sun.

C.A.S.P. Systemが大変そうだったので

カテゴリ : 練習環境・機材

アイリッシュオールナイトセッションで登場したプロジェクター+PDF楽譜のコンボが素晴らしかったのですが、譜めくりするせばすちゃんさんが大変そうでした。
観察していると、

  • 楽譜がバラバラなせいか、エクスプローラでファイルを探すのが大変そうだ
  • Acrobat Readerを毎回立ち上げるのが重そうだ
  • 毎回拡大率を操作しているのが面倒そうだ

というわけで、手持ちの瞬簡PDF ZERO+Acrobatで解決してみましょう。

譜めくりの工夫

……いえ、大したことではなく、大森セットの楽譜を全部結合して1ファイルにして、各セットの冒頭にしおりを追加しただけなんです。すみません。
でも、最初から大掛かりな構想してコケるより、小さな工夫から始めた方が無理がなくていいと思います。gracenote(楽曲検索やってる会社)のデベロッパー用非商用ライセンスを取得しようとしてたとか秘密ですよ!

次はどうしようかなー。手持ちの開発ソフトで使えそうなのはFlashくらいなんです。
楽譜データをベクターで扱えたり(PDFは重い)、DBにつないでセットにできるおすすめ曲を表示できたりするといいかなあ。