2010.03.08 Mon.

大須アイルランド祭に行ってきた

カテゴリ : ライブ・コンサート

3/6は名古屋にいました。
ニコニコ動画やYouTubeで一部に有名な「スクリームの人」(アイリッシュフィドラーと聞いています)が出演する、大須アイルランド祭コンサートを観るのが主な目当てですが、せっかく往復1万円強もかけて移動するんだからと欲を出したら目的がもりもり増えまして、

  • 今年9月にリニューアルで休館する名古屋市科学館に行ってプラネタリウム観る
  • 大須観音にお参りする
  • 聖パトリック祭パレードを見物する
  • 大須商店街のお店めぐり
  • コンサート
  • その後アイリッシュバーに行って呑んだくれる

これだけ9時間の間にこなすことに。大丈夫か体力的に。

プラネタリウムの終演時間の都合でパレードは最後の方しか観られませんでしたが、ハイランドの正装で演奏されるバグパイプとか、聖パトリックのコスプレとか、ダンスのお姉さんとか、バンド隊とか、満喫させていただきました。

NEC_0421 NEC_0422 NEC_0423 NEC_0424

撮影センスがないので、シャッターを切る頃にはいつも手遅れ。

パレードの終点の大須観音の敷地内はえらいカオスと化していました。

NEC_0425 NEC_0426

名古屋のアイリッシュ奏者の方々で、ミニセッションが始まっていました。
こんなに演奏者がいらしているなら、私もフィドル持って来ればよかった!と思いました。
他にも敷地内では着ぐるみと撮影会が始まっていたり、鳩を追い掛け回すダンス衣装のお嬢さんがいたり。

NEC_0427

参加されていたパイパーのひとり、岩国からいらしたというお兄さん。
衣装を興味深く見せていただいたり、曲を披露していただいたりしました。
来週は京都のパレードに参加されるそうです。

……と、始終このような感じで満喫してまいりました。
コンサートもフォークあり、ゲーム&アニメ音楽あり、正統アイリッシュありと、たいへんバラエティに富んで楽しかったです。

来年も行きたいな!(プラネタリムがリニューアルするので)
あとKesh〜Harvestのセットは是非真似したいです。

2009.05.04 Mon.

食博に行ってきた

カテゴリ : ライブ・コンサート

家人の仕事上の取引先がいろいろ出店しているというのと、師匠がステージに出るというので、土曜日に出撃してきました。
師匠もまさか、こんなところにまで弟子が観に来るとは思うまい。
人の意表を突くのが大好きです。よく外しますが。

NEC_0348.jpg

FM COCOLOは以前からお気に入りの放送局なので、なんとなくうれしいです。

NEC_0349.jpg

例によっておなかからはみ出るほど食べた(夢中で写真撮り忘れた)上に、超弩級の菓子細工に驚愕したりもしました。

師匠は9日にも出演します。ステージごとに全部曲を変えているらしいので、数ステージ見るのがおすすめです。2号館の出店も素晴らしいので、食事とともにご堪能ください。

2008.10.17 Fri.

第3回フィドルフェスティバルinジャパン 夢のような時間

カテゴリ : ライブ・コンサート

私がフィドルを始めようと決心したのは、第1回のフィドルフェスティバルinジャパンを観に行って(協賛枠のチケットがたまたまもらえたのです)、そこで師匠の演奏に魂を鷲掴みにされてしまったからでした。
でもその時は、まさか3回目に自分が出演しているなんて思いもしませんでした。
フェスティバル・フィドラーズなる大勢の中のひとりですが、人生先がどうなるかわかったもんじゃないですね。驚きです。

というわけで、今回大勢のフィドラーの中に混じって、こっそり参加してまいりました。浮かれてたんで、買ったはいいけど出番がなかった謎仕立てのブラウスで参戦したんだぜ(会社で「バーテンだ」「いやホストだ」と散々言われました)
ものすごいあがり症で、お客様の顔見た瞬間がちがちになってコケまくりの音上ずりまくりましたが、何とか弾き通せました。ああよかった。本当はシンガーズの方にも参加したかったのですが、時間と予算の都合がつきませんでした。

プロの方の演奏は、それはもう毎回ながら素晴らしいものでした。シャナヒーの『カロデンの実り』でぼろぼろ泣きましたし、ダンスチューンではフィドル&スモールパイプの『The Atholl Highlanders』が強烈に心に残りました。今回のゲストであるクリス・ダンカン氏の演奏は前半しかじっくり聴けず残念でしたが、待機中の扉の外でみんなで曲に乗ったりして素敵でした。ピアニストのキャサリン・ストラット氏、モデルみたいなスタイルのよさで立ち姿を見る度にどきどきしました。
見る限り客席もほぼ埋まっていたようで、嬉しかったです。

終演後、CDが会場に流れる中、楽屋に戻ってみると、流れているのと同じ曲をクリスさんが弾いておられる!
そういえばこの方、リハの最中も隙があればhataoさんたちと曲を合わせて楽しんでいらしたのでした。
なんて可愛くて素敵な人。きっと呼吸するように音楽があふれてくる方なのでしょう。

記念写真を撮ったりしたあとは、都合のつくメンバーでぞろぞろとフィドル倶楽部に移動して、打ち上げです。何度も来て、徹夜なんかもしているせいか、ここに来るとなんだか、
「帰ってきたー!」
という感じがしました。もはや関西フィドラーズにとってはここが『ホーム』なのか!?

ここでの打ち上げがまた豪華でして。
最初は先着組のフィドラーズだけでわいわい弾いていたんですが、後から到着したプロの方々が駆けつけ一杯を済ませたあたりからチェロが取り出され、パイプが鳴り出し、師匠がギターを取り出し、いつの間にかハープが、スプーンズが登場し、ふと気づいたら物凄い豪華布陣の『睡蓮』(師匠のCDに入ってます。名曲)が!

NEC_0256.jpg

入口側から見ると構図的に凄いことになっていたらしいので、指摘された瞬間逃げました。

NEC_0258.jpg

その後もみどりさんの獅子舞い(オーナー命名)が炸裂したりと、居酒屋の打ち上げとかではあり得ない、本番よりも超豪華な臨時セッションが1時間近くにわたって繰り広げられました。
翌日が平日じゃなかったら、きっと徹夜セッションに雪崩れ込んでいたと思います。

いやあ、楽しかったです。体力的には限界ふらふらでございましたが。
スタッフの皆様、演奏者の方々、一緒に出演したフィドラーズ&シンガーズの方々、お疲れ様でしたそしてありがとうございました! 貴重な機会を与えていただき、とても感謝しております。
願わくは、来年もこんな楽しいことがありますように。

2008.09.09 Tue.

夏の夜の弦想〜大森ヒデノリ & Drakskip Live ! @フィドル倶楽部

カテゴリ : ライブ・コンサート

前のエントリからの続き。

Drakskip(ドレクスキップ)は、京都を本拠地とするスウェーディッシュ系バンドで、私は寡聞にして今まで彼らの存在を知りませんでした。メンバーも全員大学生とのことで、見た目めっちゃ若々しく、彼らの間で飛び交う会話はキラッキラしているのです。

ところが、一度舞台に上がると、そこにはもうプロの目をしたミュージシャンがいました。

ライブはのっけから超高速のポルスカで始まりました(間違っていたらすみません)。
どんなものだろうと思っていたら、最初の一音から猛烈にカッコイイ! 彼らの繰り出す演奏にあっという間に取り付かれ、身を乗り出すようにして第1部の終わりまで聴き入ってしまいました。
曲はポルスカやアイリッシュ、Drakskipのオリジナルや師匠のオリジナルなど。集中して聴いていたので、時間がものすごく短く感じられましたよ。

師匠がお勧めするだけのことはあって、素晴らしい腕前です。特にビオラの人! 軟体動物のようなあのボウイングは何!?(みんな気になっていたらしく、ライブ後に話題になりました)ギタリストの弾いているギターは入手時で日本に2本しか存在しなかったという12弦もの、フィドラーはスコットランドで暮らしていた帰国子女、パーカッションはアカペラもやってて口三味線もできてしまう。
さらには、皆作曲とかもしちゃうんだ。
どれだけハイスペックなんですか大学生。

のうのうと戻らぬ青春を蕩尽していた自分は何だったんだろうと、思わず人生を振り返ってしまいました(遥か昔、音楽学部の卒業演奏会の感想でも同じことを書いたような気がします)。
いや、のうのうとしていたというか、その頃は漫画ばっかり描いていたんだっけ。
人に胸張って見せられる腕前にはなりませんでしたが。

……orz

すっかりへこまされたところで、休憩時間に入ったので、師匠に調弦をしていただきます。ここで初めて聞かされましたが、今日はA=442Hzでやるとのこと(普段は440Hz)。
何となくそんな気はしていましたが、私は大変あがり症なので、いざいつもと違う要素が出てくると凄い勢いでびびります。
暗譜のレッスンなのに楽譜を忘れたというだけでボロボロになるくらい弾けなくなるのです。

わー、わー、どうしよう。でももうやめますなんて言えません。
おろおろしているうちに第2部が始まって、師匠からお呼びがかかってしまいました。
ええい、行ってしまえ!

「フェスティバル・フィドラーズの精鋭」とかものすごい過大広告を背負って、ドレク+師匠+6人で演奏してまいりました!

最初のポルカは調子良かったんですが、次のジグで案の定、2カッコに入るところを1カッコに突き進んでしまいました。うわー、やっちゃった!
このあたりから早くもアワアワになり、エアーで調子を取り戻しても最後のリールでまた落ちて……。歌ならまだ笑顔を作れますが、暗譜もできてないのにフィドル弾きながら笑顔なんて到底できませんし、今までやったことなかったのに弓が駒を乗り越えてしまうというミスもやらかし、たぶんものすごく沈痛な表情で弾いてたんじゃないかと思います。
舞台から降りる時には、暑かったのと冷や汗とで背中がぐしょぐしょになっていました。

そのあとに続いたライブの第2部も素晴らしいものでした。すっかりDrakskipのファンになってしまったので、終了後CDを買って、サインをもらってしまいました。
それから、「今からカラオケ行ってすぐ弾きたい!」と思わせるほどのパワーも貰いました(時間が遅かったので無理でしたが)。
また近くでライブがあったら、きっと聞きに行くと思います。

初舞台の反省点は死ぬほどありますが、とりあえずそれらを道標として、いくつかは次のフィドル・フェスティバルで直せると信じて、今は練習に励むことにします。

一緒に舞台に上がった皆様、お疲れ様でした! 本番は頑張りましょう!

2008.07.11 Fri.

Riverdance2008 大阪公演を観に行きます

カテゴリ : ライブ・コンサート

今日はこれから、フェスティバルホール(幸いにして職場の近所)にRiverdance2008を観に行きます。

初回来日公演の時は、まだRiverdance自体を知らず観に行きませんでしたが、2000年以降、それはもう何かに取り憑かれたかのように毎回観に行っています。1公演の間に2回以上観に行った年もあるはずです。

もちろん、「これに出会わなければアイリッシュフィドルを習おうとは思っていなかったはず」という、重要なきっかけのひとつでもあります。初手の『Reel Around the Sun』、優雅なスリップジグの『Countess Cathleen』、超高速で奏でられるポルカ『American Wake』など、フィドルのカッコよさをこれでもかと見せつける魅力的な曲が一杯詰まっているので、フィドルを習い始めてから初の観賞となる今回は、今までとまた違った観方をしてみたいです。

聞けば、Riverdance来日は今回が最後だそうで、それきりアイリッシュダンス・ショー自体日本では観られなくなってしまうのか、それともいろんな子孫たちがこれから入れ替わりに立ち上がってくるのかわかりませんが、ひとつのエポックの終わりを見届ける気持ちで観てこようと思います。

……総勢7名がかりで。(多っ!)

ところで今日の私、何故かフィドル持って来てます。
サイン貰おうと思ったらできるのかしら(どきどき)